2008年10月14日

ファニーとは関係ありませんが…。

本日の13時30分頃、我が家のお姫様が虹の橋に渡りました。

オカメインコのジュリーです。

まだ2歳10ヶ月。

オカメの平均寿命は15年。

2歳で逝くなんて早すぎです。

思いっきり泣きました。

私達がお昼ごはんを食べている間に逝ってしまいました。

でも、ジュリーの顔は安らかで、微笑んでいるかのよう。

苦しまずに逝ったみたいです。

それだけでも良かったです。

我が家ではジュリーはオカメインコを初めて育てた子。

そして病弱だった事もあり、手が掛かったんです。

このときは、らぶちゃんって言う子も居たんです。

ジュリーと同じ日にやってきました。

らぶちゃんは、数ヶ月で虹の橋を渡りました。

その分もジュリーに長生きして欲しかった…。

ジュリーもまだまだ雛のときから病弱で病院に何度も駆けつけた記憶があります。

毎週のように動物病院へ行きました。

それでも、なんだか良くならず、他の病院を探してる時に、ある人に今掛かりつけの病院を教えてもらいました。

すると、見る見る体調が良くなりました。

ジュリーの医療費だけでどれだけ掛かったか考えると怖くなります。

数ヶ月前には肝臓を悪くして、治療。

これも良くなって、元気いっぱい、お転婆&我が侭姫様でした。

旅行に言ってる間に、虹の橋を渡らず、しかも家族が全員居る時に亡くなりました。

なんだかタイミングを待ってたのかのよう。

ジュリーは私の病気の治療の一環でお迎えしたんです。

心配は耐えませんでしたが、おかげで体調も良くなりました。

今、私が言えること…

ジュリーありがとう。

我が家に来てくれて、私は幸せだったよ。

ジュリーもそう思ってくれてると嬉しいな。

今のお顔を見ると、幸せだったんだなって思います。

短い間だったけど、沢山の思い出をありがとう。

マリーを見守っててね。

あとジュリーが苦手だったコガネメキシコインコのピーナッツもね。




今日の夜に、ジュリーを火葬します。

ソレまでは側に居るからね。ジュリー。

頑張って、精一杯生きたね。

沢山の病気と闘いながら。

私達の中にジュリーとの思い出が沢山詰まってるよ。

絶対に忘れないからね。

ジュリー、ほんとにありがとう。


060615_2115~0001.jpg


060214_1631~0001.jpg

ニックネーム ファニーねぇちゃん&かぁちゃん at 14:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする